ホームページ
履歴・作品歴
ギャラリー
出版物
情報
21世紀日記
お問い合わせ
7/15〜12/31
< 前の日記 
 次の日記 >
21世紀日記

 

7月6日(火)

本日は前田真三賞の予選審査の日。

雑誌「風景写真」の編集部から編集長と2名のスタッフが来て、午後1時半よりTAスタジオにて開始。まずカラーポジフィルム作品から見る。135mm 645 6×6 6×7 4×5など様々。はじめはカラーの発色が大胆で、常識の範囲を超えた表現の作品から、最後は1点1点がしっかりとした作品まで54作品。その中から10作品くらいを選考し、夕方6時前に終了した。どれも力作ぞろいで少々びっくりした。果たして本選では、どの作品が入賞するのだろうか・・・。比較的若手が賞を獲得するのか、老練の計算し尽くした努力作が入賞するのか、楽しみである。

昨日、注文した新しいペンタックスカメラはいつ、入手出来るのか、助手に確認したら、未だ注文していないとのこと。ひどくがっかりして力が抜けてしまった。早速、手配するよう怒ったが、本日は休みとのこと、何たる運の悪さだ。今週末行く、北海道・帯広に持って行けるかどうか、心配になって来た。私の気持ちを全く理解しくれない助手どもには呆れてしまう。全く情けない話である。明日、朝一で連絡するようにキツく言っておいたが・・・果たして、新しいカメラはいつ届くのか?

稽古で遅くなった昭子を待って、夕食。その後、「お宝鑑定団」を見て就寝。

 

 

 

Home

履歴・作品暦

ギャラリー

出版物

情報

21世紀日記

お問合せ